HOME

テーマ:「専門職者間の思考と絆を学ぶ・教える
~多職種連携教育(IPE)の基盤をデザインする~

日程:2016年3月3日(木)〜2016年3月4日(金)

*3月5日(土)は併設セミナーを開催します。

会 場   東京医科大学病院 教育研究棟 3階・5階
会 長   阿部 幸恵(東京医科大学病院シミュレーションセンター)

 

第8回日本医療教授システム学会総会は、盛会に終わりました。

  第8回日本医療教授システム学会総会では、日本の新たな医療者教育の取り組みであるIPW(多職種協働:Inter-Professional Work)とIPE(多職種教育:Inter-Professional Education)に焦点をあてて「専門職者間の思考と絆を学ぶ・教える仕組みを考える」を総会のテーマとしました
東京医科大学病院を会場として、2016年3月3日から4日の2日間開催されました。本総会は、医師・看護師のみでなく、地域で活躍している介護福祉士、ソーシャルワーカー、救命士など様々な職種の方々に足を運んでいただき、参加者は、総勢248名にのぼりました。総会後の3月5日には、総会に引き続き併設セミナーが行われ、大変盛況な3日間でした。総会の準備から助けていただいたすべての皆様と会場に足を運んでくださった会員の方々、今回初めて本学会の総会に来ていただきました皆様にこの場を借りて、厚く御礼申し上げます。
 来る第9回日本医療教授システム学会総会は、広島文化学園大学大学院看護学研究科の岩本由美先生を会長として開催する予定です。本学会としては、初の地方での開催となります。多くの皆様に参加したいと思ってもらえるような会としていきたいと思っております。
第8回日本医療教授システム学会総会会長 阿部幸恵